ホーム  >  狛江市・仲介手数料最大無料の不動産会社「エヌケーハウザー株式会社」のブログ  >  狛江エリア情報  >  狛江市の住民交流友好都市 山梨県小菅村

狛江市の住民交流友好都市 山梨県小菅村
カテゴリ:狛江エリア情報  / 投稿日付:2020/11/28 12:57

狛江市の住民交流友好都市である小菅村をご紹介します。
小菅村は狛江から奥多摩湖経由で1時間半くらいで着きます。
多摩川源流の自然に囲まれた静かな村で、私の大好きなドライブルートです。
イメージ 1

道の駅こすげに行くと、地元の物産品を買うことが出来ます。
今回は名産品の山葵の茎と地ビールを買ってみました。
山葵の茎はオヒタシにして食べると、程よい山葵の辛さが
お酒のお供にとても合います。
地ビールは「源流ビール」の商品名で、風味の違いで数種類あります。
今回は2種類を購入して早速晩酌に飲んでみました。
まさしく地ビール、市販のビールには無い独特の飲み口です。
全種類制覇を目指して次回も買うことにします。
イメージ 2

5月には小菅村の一大イベントである「源流まつり」が開催されます。
今年はコロナ禍の影響で残念ながら中止となったそうです。
来年開催されたら、是非小菅村まで足を延ばしてみてください。
小菅村で有名なのは「鯉のぼり」です。
川の両岸の山からワイヤーロープを張り「鯉のぼり」をさげます。
幅は200mあるそうで、鯉の数は多すぎて数えられません。
現地で実物をお確かめ下さい。

さらに、道の駅に併設している「小菅の湯」では、狛江市民には入浴料が村民料金になる
特典があります。(通常料金の半額、免許証等狛江市民である証明書要)
肌がスベスベになる効能があるそうです。旅のお供に是非ご利用下さい。

 店長

ページトップへ