ホーム  >  狛江市・仲介手数料最大無料の不動産会社「エヌケーハウザー株式会社」のブログ  >  不動産アレコレ解説  >  新築分譲住宅の「物件名称」についてのご説明

新築分譲住宅の「物件名称」についてのご説明
カテゴリ:不動産アレコレ解説  / 投稿日付:2020/12/19 16:14

新築分譲住宅を、インターネットや新聞チラシ、不動産会社の店頭などでお探しになると
分譲会社ごとに統一した「物件名称」を表示していることに気付かれると思います。
私が不動産業界に入った20年前は、大手不動産会社が街づくりから行う大規模分譲地以外の
建売住宅には物件名称は特になく「○○町 新築分譲住宅 3棟」などど販売していたものです。
おそらく飯田産業さんの「ハートフルタウン」が最初のように思います。(間違っていたらごめんなさい)
今では大小ほとんどの建売業者さんが自社物件に名称を付けて販売しています。

以下、狛江市での販売実績の多い物件名称と売主名です。
  ハートフルタウン    飯田産業
  ブルーミングガーデン  東栄住宅
  クレイドルガーデン   アーネストワン
  グラファーレ      タクトホーム
  リーブルガーデン    一建設
  リナージュ       アイディホーム
  ミラスモシリーズ    ホークワン
      スマイルタウン     アスティーク
  ヴェルクレール     誠賀建設
  ガルボシティ      イーカム
 
私たち不動産会社に勤めている者は当然ですが、お客様でも数か月お探しになった方は、
販売図面をお見せすると 「ああ 売主は○○さん」とお分かりになります。

最近、インターネットポータルサイトの「SUUMO] などの掲載において正式名称では無く、
仲介会社が勝手に付けた物件名称で広告掲載しているケースが多くあり問題になっています。
他社も同じ物件を掲載しているので少しでも自社の掲載枠を目立たせる為でしょうか。
お客様に対して虚位の表示をしていることになり誉められたものではありません。
また仲介会社によっては契約までは出来るだけ売主名を隠したがる会社もあります。
自社の独自物件のようにみせて、自社での契約を誘引するためのようです。
弊社ではお問い合わせやご案内の際は売主様名を必ずご説明しております。

ところで、この「物件名称」は販売中のみ通用するもので、お住まいになってからは
各行政機関や郵便局その他に「○○ガーデン○○町 3号棟」と言っても解りません。
そこはマンションの「●●マンション狛江 202号室」ような公に認められた名称とは異なります。
売れ行きの良い物件で、販売2か月で完売する物件であれば短期間使用する名称となります。
ご参考までに。

  上記名称の新築分譲住宅は、
   弊社なら仲介手数料が無料となります。

   お得な資金計画はお気軽にお問い合わせ下さい!

   店長

ページトップへ